雑感など

【分析】私は星野源さんの顔が好きだ【かわいいしかっこいいし】

7+

突然ですが。

私は星野源さんの顔が好き。

どうも、「星野源さんに一方通行」管理人の紺色(@128128)です。

私はとても気持ち悪いファンなんですが、あまり気持ちの悪さを前面に出さないまま情報ブログ状態になっていたので、この辺りでがつっと気持ちの悪さを発揮していこうと思います。

初めて顔と名前を結び付けたのはドラマでした

私、紺色はあまりドラマや映画を見ません。

漫画を読んだり、ネットで小説を読んだり、アニメを見たりする方が好きで、そういう生身の人間が直接出てこないものを頭の中で自分の好きなように動かして楽しむことが好きなので、ゼロから百まで表現される映像にあまりのめりこむことができないようで、興味がわかないんです。

生身の人間だと良くも悪くも現実味を帯びすぎてしまうので、感情を引っ張られたくないっていう超個人的な理由があります。

(俳優星野源も勿論とても好きですが、今でもこの傾向が強くあります)

それなのに紺色が星野源さんを初めて見たのは「ウォーターボーイズ」でした。

紺色が

「この俳優さん誰だろう。すごく気になる、良い感じ。調べてみよう。星野源さんか。バンドもやってる人なんだ」

って星野源さんを初めて調べて知るきっかけになったのが「ゲゲゲの女房」でした。

普段全然ドラマを見ないのに、たまたま見ていた作品に出演していたんです。

「ウォーターボーイズ」は先に映画があって、内容を知っていてバッドエンドはないだろうという安心感の元、青春劇としてとても楽しく毎回リアルタイムで見ていました。

「軽音部!いたいた!」

という感じで、覚えています。

「ゲゲゲの女房」は朝ドラで、かつ、なんとなく見やすかったから見ていた感じです。

ドラマ開始が戦前戦中ではなく戦後だったというのも大きいです。

でも、星野源さん演じる主人公の弟・貴司はドラマ途中で不慮の事故死を遂げてしまい、当時の紺色はそれはそれはもう、大泣きをしてショックを受けまくりましたが。

なのにここではハマらなかったけど、それはそれで仕方ないと思う自分もいます。

(当時ファンになっていたら、二度の休養をファンの状態で見守らなければならない状態になってしまうから、それは想像しただけで紺色にはきっついです)

星野源さんを星野源さんとして認識するきっかけになったのは、ルックスがかかわってくるお芝居でした。

お芝居でお名前と顔が一致し、倒れた時に心配して、音楽でハマった、という流れです。



元々こういうお顔立ちが好きだった

以前、この記事にこんなことを書きました。

https://gen128128.com/post-134/

私は昔からこういうお顔の人が好きなので、星野さんのファンになったと昔からの友人に打ち明けた時、

「さもありなん」

という反応を多数いただきました。

 

何人かに星野源さんのファンになったと伝えたら、帰って来た答えが「やっぱり」みたいなものばかりでした。

大半が学生時代からの友人なので、学生時代からこういう系統の方を良い、好きだと言っていたのを友人達は覚えていたんだと思います。

星野源さんのような、まろやかなお顔立ち、はっきりくっきりじゃなくて、ソフトな感じのお顔が好みだったんです、昔から。

そのため、紺色はアイドルを全く通過せずに今現在を迎えています。

イケメンブームみたいなものも10年くらい前にありましたが、その時もイケメンと呼ばれる人達に特に興味を持ちませんでした。

そう言われていた人達の見分けが全然つかなかったっていう。

後々「塩顔」というジャンルができましたが、私がかつて良いなぁと思って見ていたお顔の方はほとんどここに入っています。

ただ、なぜこういうお顔が好きなのか、理由はわかりません。

紺色は芸能人、有名人に「近いところにいる」という感覚を持たない人なので、いわゆる「イケメン芸能人よりは近くにいそう」という理由ではありません。

ただ「好き」なだけで、そこに意味はない感じです。

あと、

「イケメンが好きじゃないお目が高い私」

みたいなものないです、全然ないです。

だって好みの問題であって、別にお目が高いも何もないです。

こういう考え苦手です。



具体的に星野源さんのお顔の何が好きなのか

以下のページにアクセスすると、雑誌の中身を試し読みできます!

https://www.fujisan.co.jp/product/1281682223/b/1625574/

目です、目。

今このMUSICA2018年3月号の試し読みをして、「ほあう」と気味の悪いため息を漏らしました。

釣り上がっているわけではないけど、垂れ下がっているわけでもない。

とてもフラットで、そのフラットさを更に引き出しているのが一重まぶた。

このまぶたから目の切れ込みのつるんとしたラインに著しい美を感じます。

確かに星野源さんの目はパッチリは全然していなくて、日によってはほとんど開いてないんじゃ、みたいな時もありますが、

星野源さんの目に魅力を感じる時
  • 普通にしてる時
  • あまり開いてない時
  • 思いっきり開いてる時
  • 笑って紛失してる時
  • 疲労のせいなのかうっすら二重になってる時の普段とのギャップ
  • 敢えて二重にしている時

全部好きなんじゃ。

ほら素敵。

 

http://musica-net.jp/articles/preview/7195/

うつろな目もまた好きで、こういう表情を見ると、音楽家であり俳優であるということを強く感じます。

「Snow Men」のMVもそう感じます。

 

目を閉じてるところもとても良いですよね、「逃げるは恥だが役に立つ」で平匡さんが眠っているところを見るのも大好きでした。

 

 

疲労感が凄いといえばこれ。

 

 

100点満点の白目も好きです。

横顔

星野源さんの横顔、斜めからのお顔も大変美味しくいただいております。

 

 

このアーティスト写真(アー写)を初めて見た時、あまりにもきれいすぎて脳内で勝手に彫刻をしました。

https://natalie.mu/music/gallery/news/257381/813642

みんな大好き音楽ナタリーさんは、なぜここを切り取った、最高じゃないか。

こちらも音楽ナタリーさんからで、

https://natalie.mu/music/gallery/news/254262/800428

https://natalie.mu/music/gallery/news/254262/800430

新垣結衣さんと一緒に写っていますが、ふたりとも要注目。

横顔には「Eライン」という基準があります。

https://www.jaao.jp/ippan/eline.html

鼻の先と顎の先を結んだ直線のことで、この線とくちびるの後退、突出などを見て横顔のバランスを評価する時の基準だそうです。

日本人は、このEラインからくちびるが少し内側にあるのが美しいとされているそうです。

星野源さんは、このEラインが日本人としてきれいだと言われています。

言われてます。

新垣結衣さんもここにあてはまっているようです、と説明するととてもわかりやすいと思います。

日本人の多くに「かわいい」といわれ、日本人の多くを思考停止させる彼女の横顔と角度が似ていると書けば、その整いっぷりがわかりやすくなる、気がする。

(紺色はただふたりとものファンであり、それ以上でもそれ以下でもありません)

鼻や口

星野源さんの鼻、口は大きくもなく小さくもなく、非常に良いバランス、形、大きさだと思います。

上の項目にも書きましたが、横顔がとてもきれいなのは、日本人基準のEラインの美しさだけではなく、このふたつのバランス、形、大きさも大いに関係していると紺色は思います。

 

 

くちびるがしっかりしているから、ピンクの口紅がよく映えています。

「おげんさんといっしょ」は控えめメイクですが、「Family Song」のMVでは結構しっかりめなおげんさんメイク。

で、これを今改めて見て思ったのは、星野源さんのおげんさん、女装に違和感がないのはベースとなっているお顔がとても重要ということ。

「薄い」とされるお顔って「盛れる」んですよね。

盛りすぎるとオモくなりますが。

 

 

顎から首にかけてのライン

最早、顔ではなくなってしまっています。

上に貼ったドラえもんの時のアーティスト写真がとてもわかりやすいですよね、これ。

星野源さんの首はしっかり太目だけど、太すぎない。

しっかり長さがあるけど、長すぎない。

以前ツイッターで何気なく見かけたツイートに

「星野源さんは骨格がきれいだから、その点星野源さんっぽい人達との違いが大きく出る。星野源さんっぽい人が星野源さんを目指そうとしてもなれないのは、それが理由」

といったようなことが書かれていました。

顎から首、更に鎖骨(デコルテ)のラインの美しさは、「コウノドリ」四宮春樹(しのりん)の管轄ですね。

 

 

眼鏡

最早パーツですらない、小道具?です。

ご存知の通り、星野源さんは眼鏡がよく似合います。

眼鏡の印象がある芸能人やタレントの人の中には、俳優・向井理さんや、声優・櫻井孝宏さんのように視力が凄く良いという方も結構いたりするんですが、星野源さんの近視と乱視は筋金入りのマジもんです。

星野源さんの目が赤くて心配 コンタクトレンズのせい?眼鏡姿が人気だけど以前は…?どうも、「星野源さんに一方通行」管理人の紺色(@128128)です。 今日は星野源さんと眼鏡、コンタクトレンズ、充血、視力について...

そんな星野源さんが、ご自身の視力に合わせて自前で眼鏡を作り、撮影に挑んだのが初主演映画「箱入り息子の恋」天雫健太郎役でした。

http://www.hakoiri-movie.com/

健太郎さんは作中暴走しますが、それまでは非常に冴えない人。

元々制作側が眼鏡を用意していたようですが、星野源さんはそんな彼のイメージに合う眼鏡を探し、敢えてご自身の強めの近視に合わせた度数のレンズを嵌めたんです。

近視のレンズは目を小さく見せてしまうので、コンタクトレンズを作ったというエピソードもあります。

「箱入り息子の恋」ではそれを逆手にとって、冴えない健太郎さんがますます冴えない感じになったんだと思います。

次の星野源さんの眼鏡といえば、「コウノドリ」のしのりん。

ご紹介するのは両方2017年の「コウノドリ」ですが、2015年ももちろん素敵です。

 

 

メタル、ハーフリムタイプの眼鏡です。

一歩間違えると少し時代遅れになりがちなこちらの眼鏡も、星野さんのお顔にかかれば、温度ゼロのインテリジェンスあふれるスタイルに。

かっこいいですよねぇ。

ちなみに、若い時のしのりんはとてもかわいいです。

 

https://www.instagram.com/p/BccZMB1FudQ/

 

つづくのは「逃げるは恥だが役に立つ」の津崎平匡。

 

https://www.instagram.com/p/BNqOnBYj2hb/
黒いセルフレームで、この眼鏡はオリバーピープルズのものだと特定されているそうです。

この写真は、口元が、口元が非常にかわいい!

やりすぎれば狙いすぎであざとくなっちゃいますが、その手前で止まっている、丁度良いところをギリギリで攻めているところに策を感じますが、あっさりそこに落ちておきます。

ひらまさかわいいひらまさかわいいひらまさかわいいひらまさかわいい。

星野源さんは眼鏡ありと眼鏡なしとでは、お顔の印象が全然違います。

そのためなのか、「逃げるは恥だが役に立つ」では途中から眼鏡を外すような場面でも外さなくなります。

眼鏡のまま温泉に入ったり、ベッドに入っているのに眼鏡のままだったり。

「箱入り息子の恋」では途中、眼鏡を一瞬卒業しますが、「コウノドリ」では外していないのではないでしょうか。

「箱入り息子の恋」では、この眼鏡ありとなしのギャップも、作品の良さ、健太郎さんの変化を呼び起こしたのではないかな、と紺色は思います。

紺色の周りで人気の眼鏡星野源さんは、「星野源のオールナイトニッポン」放送後のこちらの写真です。

 

 

こちらは眼鏡というのもポイントが高いんですが、珍しく柄の入ったトップスを着ているというのも見逃せないポイントです。

 

 

このツイッターモーメントに出てくる眼鏡はすべて星野源さんの私物だと思います。

散々眼鏡語りをしましたが、紺色は眼鏡属性はないので、星野源さんだから好きという状態です。



星野源さんはかわいい

「逃げるは恥だが役に立つ」森山みくりさんの名言

星野源さんって、かっこいいんです。

https://natalie.mu/music/gallery/news/292016/971001

こういう写真を見ると、「かっこいいなぁ」って思うんです。

でも、すごくかわいい時もかなり多いんです。

ただ椅子に座っているだけでこのコンパクト感、かわいさ!

https://natalie.mu/music/gallery/news/229126/691034

ただ水を飲むだけでこのかわいさ。

https://natalie.mu/music/gallery/news/229126/691051

何を見てもかわいいと思う危険レベルに、紺色はいます。

そこで思い出すのが、「逃げるは恥だが役に立つ」の主人公・森山みくりさんのこの言葉です。

 

『カッコいい』の場合カッコ悪い所を見ると幻滅するかもしれない。でも、『かわいい』の場合は何をしても可愛い! 可愛いの前では服従、全面降伏なんです!

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」シナリオブック10話より

 

これ、これです。

まさにこの域に紺色は到達してしまったんです。

他にもこの域に到達した星野源さんのファンは多いでしょう。

誰に何と言われようが星野源さんの顔が好き

世間には、星野さんのお顔をあまり好意的にとらえていない方がいらっしゃいます。

それは人それぞれの好みなので、もう仕方がありません。

ファンが、「そんなことない!素敵だ!」って反論したところで、ますます嫌がられるだけです。

他人は関係ないんですよ。

誰に何と言われようが、紺色は星野源さんの顔が好きです。

(正確にいうと「顔も好き」です)

疲れたな、しんどいな、って思ったら、星野源さんの曲を聴きながらお顔を見る。

それだけで、なんだかふわーっと癒されます。

 

 

腕がムキムキしているのも、とても良いですよねぇ。

7+
ABOUT ME
紺色
紺色
ただの星野源さんのファン。 2016年5~6月頃から。 一方通行に感想、情報、お役立ち等を発信中。 それ以上でも、それ以下でもありません。 くせはすごめ。
RELATED POST
著作権・肖像権 パブリシティ権 雑感など

【著作権シリーズ】著作権の鍵になる引用について 歌詞 動画 画像 公式サイト ラジオ等まとめ

2019年6月10日
星野源さんに一方通行~星野源さんファンブログ~
著作権シリーズ。 この記事では著作権の鍵を握る「引用」についてまとめます。 歌詞、文章、ラジオ、動画、公式サイトやスクショ等につ …