シングル「恋」

【徹底解説】「星野源 恋 歌詞 意味不明」ではない!

0

2016年10月5日。

今からちょうど2年前に発売された星野源さんのシングル「恋」

現在もとても人気が高く、YouTubeでの再生回数は1億8千万回を突破しています。

そんな「恋」の歌詞がよくわからない、という人が実は結構多いのです。

どうも、「星野源さんに一方通行」管理人の紺色(@128128)です。

私なりに、「恋」の歌詞を分解、分析し、解説、解釈、考察をしていこうと思います。

星野源「恋」解説・はじめに

歌詞をそのままたくさん掲載してしまうのは、過剰な引用となり、著作権上問題になる場合があります。

【著作権とか肖像権とか】紺色のブログやTwitterに星野源さんの画像や動画がほぼない件についてどうも、「星野源さんに一方通行」管理人の紺色です。 紺色が運営しているこのブログ、そして利用しているSNS、Twitterにはほと...

そのため、この記事では歌詞の一部を切り取りしながら解説していきますので、JASRACの許諾を得て歌詞を掲載しているサイトや、実際のシングル「恋」のブックレットを参考にしながらお読みいただけると助かります。



星野源「恋」

【MV(ミュージックビデオ)】

【「恋」発売&「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)出演決定ツイート】

平匡さんが一番堂々としているのがこの写真でしたね。

他の堂々としているところは何かずれていて、そこがとてもかわいい平匡さんです。



星野源さんの「恋」の歌詞がなぜ意味不明だと言われるのか

意味不明だと言われていることを知ったきっかけ

このブログは、アクセス解析ツールを利用しています。

とはいえ私はあまりこういうのを使いこまない人なので、見ているのは

  • 全体のアクセス数
  • どのページがたくさんアクセスされたか
  • どんなキーワードでアクセスされたのか

これくらいで、それ以上はほとんど見ていません。

今回この記事を書くきっかけになったのが「どんなキーワードでアクセスされたのか」を確認したことです。

私はこのキーワードを見たり、ウェブで提供されているキーワードツールを見ながら、次にどんな記事を書くのかよく考えます。

そんなたまに目にするのが

「星野源 恋 歌詞 意味不明」

「星野源 歌詞 わからない」

というものです。

一部の人にとって星野源さんの曲の歌詞は全体的に意味不明らしい

「恋」だけではありません。

他の曲の歌詞も一部の方にとってはよくわからないようです。

音楽の聴き方は千差万別で、私は邦楽は曲も歌詞もよく聴き込むタイプですが、歌詞はどうでもいいという方もいます。

私も洋楽の場合はどう頑張っても外国語の解釈が厳しいので楽曲優先で聴いてしまいます。

普段からよく歌詞を聴く人でも、星野源さんの歌詞がわかりにくいということがあるようです。

個人的にその理由を少し考えてみました。

  • 抽象的
  • 例えが多い
  • 「君」と「あなた」が1曲の中で混ざっている
  • とにかく何を表しているのかわかりづらい

この辺りではないでしょうか、多分。

この先の解釈や考察について

あくまでも私・紺色の独自解釈・考察です。

皆様にも色々考えがあってしかるべきです。

閲覧は皆様ご自身の責任にて、お願いいたします。

また、「逃げるは恥だが役に立つ」の話をたくさんしていますので、それもあわせてご了承ください。



星野源の「恋」は「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌である

星野源さんの「恋」はTBS火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌です。

2016年10月11日(火曜日)から全11回で放送され、大人気になったドラマです。

星野さんは津崎平匡(つざきひらまさ)役、新垣結衣さん演じる森山みくりの契約夫を演じました。

「恋」の歌詞を紐解くにあたって、「逃げるは恥だが役に立つ」はかなり重要なポイントです。

星野さんはタイアップを事前に受ける時は必ずその作品の世界観を曲に落とし込み、歌詞等に入れています。

「恋」だけではなく、その後にリリースされた「Family Song」(日本テレビドラマ「過保護のカホコ」主題歌・家族がテーマのドラマ)、「ドラえもん」(テレビ朝日同名のアニメ作品の映画主題歌・説明不要ですね)も、作品の世界観が曲に入っています。

「ドラえもん」なんてそのままです。

勿論これは今に限った話ではなく、これらより前に発表されたタイアップ曲すべてに当てはまります。

「逃げるは恥だが役に立つ」は、音楽家・星野源さんがただ主題歌を担当しただけではなく、役者・星野源さんが出演している作品です。

演じるにあたり、原作を読み、脚本を読み、それだけではなく最終回までのストーリーを事前に知っていたものと思われます。

出演者じゃないと、最初の方の脚本少しと大まかなストーリーしか伝えられないこともあるようです。

「アイデア」の制作エピソードより)

以上のことから考えると、星野源さんは「恋」を制作する前に割としっかりと「逃げるは恥だが役に立つ」のエピソードを頭の中に叩き込み、しっかりと解釈・考察していたとみて良いでしょう。

では、以上のことを念頭に置いて「恋」の歌詞を紐解いていきます。



星野源「恋」歌詞の解釈・考察

1番Aメロ

想定はおそらく「平日」の夕方から夜にかけての時間。

仕事帰りの人達が街に繰り出したり、帰宅したりしている。

その中にいるのは人だけじゃなくてカラスも。

星野さんが多用する「意味がない」という言葉はここにも登場。

人が生まれ、生きていくことに理由がないと解釈。

ただ日々を暮らして、ただ「君」が待つ家にお腹を空かせて帰る。

ただ腹を空かせて

君の元へ帰るんだ

出典:星野源「恋」

この部分に違和感を覚える人がいるようですが、深く考えなくて良いと思います。

これを「逃げ恥」の世界観に置き換えると

仕事を終え、お腹を空かせた平匡さんが、契約上の妻、みくりさんがいる家に帰る

これだけで、これ以上の性別のアレコレはありません。

そもそもこの曲には一人称が存在しないので、帰宅する人の性別も、待っている人の性別も、関係性も何でも良いんです。

確かにタイトルは「恋」だし、歌っているのが男性だから家に帰るのは男性で、家にいるのが女性と想定するのが一般的だと思います。

でも、対象が明確に「家に帰る男性」と「それを待つ女性」と描かれているわけではありませんので、フェミニズムもどきの観点からこの歌詞の部分を疑問視している人達は想像力が足りないんじゃないかって私は思います。

(と、ちょっと厳しめに書いておきます。

もどきとしたのも、ちゃんとしたフェミニストはこういうものにいちいち目くじらを立てないからです)

1番Bメロ

今現在、人間は誰しもふたりが揃って初めて生まれるものです。

(未来はどうなるかわかりません)

ただ、これは小さい頃はわからなくて、大人になる過程で学ぶものです。

だから物心ついたら、というキーワードが出てきます。

大人になって当たり前だと感じることも、実は小さい頃には知らなくて、思い返せば凄いことなんだな、ということではないでしょうか。

サビ(最後のサビを除く)

ここが結構わかりにくいようです。

胸の中に「恋」する気持ちがあって、それで相手と一緒になるけれど、時が経つにつれてその「恋」心は忘れていってしまう(見えなくなる)ことが多い。

でも、側にいるからこそ見えなくなるものだから、「恋」をいつも思い出そう。

君の中にある「鼓動」は君が生きているあかしで、自分とは違う他人だからこそ、距離を超えてそこに存在している。

ここで突然「貴方」の出現。

これを含めて二行は歌い手が相手に変わっている可能性があります。

ここでまた「逃げ恥」を照らし合わせると、

指の混ざり=恋人繋ぎ

頬の香り=ハグ

と見て良いでしょう。

出演者達の外見について書いているので、嫌な方は見ないでください。

悪いことを書いているわけではありません

夫婦のくだりはこの後の項に書きます。

2番Aメロ・Bメロ

2番Aメロも、平匡!という感じがすごくします。

ここはドラマの「逃げ恥」よりも原作の「逃げ恥」のイメージが強いです。

みにくい思いの正体は、恐らく恋です。

平匡さんは、平穏な生活を送るために、恋愛を捨ててプロの独身であることを選び、これまでずっと生活してきた人です。

ドラマの平匡さんは2話辺りから既に人間味があって、わかりやすくあたふたするシーンがありましたが、原作はドラマほどの人間味はないんです。

恋、恋愛をしたくない度は明らかに原作の平匡さんの方が強いので、ドラマが始まる前の段階に作られた「恋」のこの部分に原作の平匡さんの影響があるように感じています。

白鳥は、カラス(黒)との対比かもしれません。

何色にも変わることができない「黒」と何色にも染まることのできる「白」

そして、ようやく恋していることを自覚した歌い手は、ここでまた新たに気づいたことがあります。

人が生まれるのはふたりからだけど、その前段階、恋とか愛はひとりから生まれている。

当たり前すぎてわからなくなっていることを、思い出させてくれたり、知らせてくれたりするのが恋なのかもしれません。

「似た顔」の解釈は難しくて、どうしても家族が思い浮かぶんですが、それだと恋しちゃうととんでもないことになるので、ちょっとここは私にも難しい部分です。

虚構はアニメやゲームのキャラクター、あるいは画面の向こう側の芸能人や有名人も含むのかな、と思います。

Cメロ(大サビ)と最後の三行

恋をしていれば、相手も自分も泣くことはあるし、喧嘩をして会話をしない日々もあります。

無理をして相手の前で揺れる笑顔を見せる日もあるはず。

それらを「いつまでも」としているのは、これからもずっと君・貴方とそんな日々を超えながら過ごしていきたいということではないでしょうか。

そして、「恋」といえば最後三行です。

夫婦を超えてゆけ

二人を超えてゆけ

一人を超えてゆけ

出典:星野源「恋」

平匡さんとみくりさんは籍を入れていない事実婚どころか、「契約結婚」であり、そこに恋愛感情のない夫婦としてスタートしています。

まさに「夫婦を超え」ちゃってるふたりです。

星野源さんの凄いのが、そこで終わらせていたら「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として平匡さんとみくりさんのことを歌いました、で終わってしまうところを、終わらせなかったこと。

ここで「二人」や「一人」を超えさせたことで、あらゆる人達が、この社会からあぶれないような描写をしています。

例えば、風見さんと百合さんのカップル。

ドラマの平匡さんとみくりさんには戸籍上の「入籍」が見えている状況ですが、風見さんと百合さんは原作もドラマも「結婚」がまったく見えない「二人」の状態で終了しています。

沼田さんと梅原くんは、ようやく会えた!というところで終わっているので、これからどうなるのか視聴者が想像するしかない状況の「二人」です。

彼らは仲が進展したとしても、現在の日本で「結婚」することはできません。

やっさんやバーのマスターの山さんは離婚経験者で「一人」です。

恋人がいる描写がなかった柚さんもそうです。

彼らは「一人」として色々なものを乗り越えながら、例えば柚さんは帰国子女というレッテルと闘いながら生活しています。

「恋」の最後の三行は、夫婦の二人、恋をしている男女だけではなく、恋をしている同性同士、一方通行の恋をしている人や、恋をしていない人達すべてに「恋」を歌っているような気がして、とても温かい気持ちになることができます。

ひとりだって、いいじゃないか。



星野源の「恋」は恋をしていない人にも手を差し伸べたラブソング

こうやって改めて「恋」を紐解くと、この曲って本当に面白い名曲だな、と思います。

恋していない人にまで対象が広がっているし、虚構に恋する人を含んでいます。

この後、「Family Song」や「おげんさんといっしょ」で家族やカップル、生き方の多様性を描いていく星野源さんですが、その足がかかりになっているのが「恋」ではないでしょうか。

2018年9月17日放送の「ミュージックステーション ウルトラFES」で久しぶりにダンス付きで「恋」を披露しましたが、その直後から配信でのダウンロード数が一気に倍になったようです。

「恋」はいつまでも、いつまでも、たくさんの人に愛される曲であり続けることでしょう。



星野源「恋」関連おすすめ

 

 

 

 

0
ABOUT ME
紺色
ただの星野源さんのファン。 2016年5~6月頃から。 一方通行に感想、情報、お役立ち等を発信中。 それ以上でも、それ以下でもありません。 くせはすごめ。
RELATED POST
アイデア

【星野源さん「アイデア」関連】iTunes Store以外で購入した楽曲をパソコンのiTunesに取り込む方法

2018年8月14日
星野源さんに一方通行~星野源さんファンブログ~
配信で音楽買ったことがない!! そのような星野源さんのファン、それなりに多い気がします。 2018年8月20日(月曜日)配信開始 …
アイデア

【テレビ・ラジオ・雑誌等】星野源・配信リリース曲「アイデア」関連メディア露出情報(9月15日更新)

2018年9月15日
星野源さんに一方通行~星野源さんファンブログ~
このページでは2018年8月20日(月曜日)に配信でリリースされた星野源さんの楽曲「アイデア」に関連したメディア露出情報を掲載します。  …