DOME TOUR 2019 POP VIRUS

リセールについて考察してみた【星野源 DOME TOUR 2019 POP VIRUS】

3+

2018年12月19日に発売されるアルバム「POP VIRUS」に合わせて開催される星野源さん初の5大ドームツアー

「星野源 DOME TOUR 2019 「POP VIRUS」」

で行われたYELLOW PASSチケット先行予約のリセールでおこったことについて、個人的にまとめてみます。

あくまでも個人的なメモですので、疑問のある方は公式にお問い合わせください。

私は今後、万が一のことがない限りリセールシステムを利用する予定はありませんので、この件で問い合わせをする予定はありません。

「星野源 DOME TOUR 2019 「POP VIRUS」」概要

2019年2月から京セラドーム大阪、ナゴヤドーム、札幌ドーム、東京ドーム、福岡ヤフオクドームで開催される星野源さんのドームツアーです。

詳細は以下のページをご覧ください。

POP VIREUS DVD Blu-ray
【星野源5大ドームツアー】「星野源 DOME TOUR 2019 「POP VIRUS」」情報(5月29日更新)星野源 DOME TOUR 2019「POP VIRUS」の情報をまとめています。セットリストは掲載していませんが、リンクは貼っています。...

今回ざわざわしているのはYELLOW PASS先行のリセール

2月2日(土曜日)、3日(日曜日)に開催される京セラドーム大阪公演のリセールが騒ぎになっています。

今回リセールに出品できるのは

  • YELLOW PASS先行受付を電子チケットで申し込んだ方
  • LINEチケットで申し込んだ方

です。

(紙のチケットはリセールに出品できないとあらかじめアナウンスされていましたので、紙を選んで運営に文句をガーガー言うのは見ていて恥ずかしいですよ……)

そのうち、今回騒ぎになっているのは

YELLOW PASS(イエパス)先行受付を電子チケットで申し込んだ方

に不成立が相次いでしまった件です。

「YELLOW PASS」とは

「YELLOW PASS」(通称・イエパス、YP)は星野源さんが毎年出しているイヤーブック「YELLOW MAGAZINE」(通称・イエマガ)に付属しているパスコードを利用した会員制サービスです。

簡単に言うとファンクラブのようなものですが、あくまでも

YELLOW MAGAZINEのオマケ

という位置付けです。

そんなイエマガのオマケであるイエパスには色々な特典がついていて、そのうちのひとつが、ライブチケットの最速先行予約に応募できるというものです。



イエパス先行リセールが騒がれている理由

京セラドーム大阪公演のイエパス先行リセールがなぜ騒がれているのか、理由はこちらです。

イエパスリセール問題

出品したのに買い手がつかない「不成立」と、購入を希望したのに購入できなかった「落選」が両方それなりの数存在している

「必ずしもリセールは成立しない」ということは、説明書きにきちんと書かれていました。

希望者がいなければ出品は余るし、出品者が少なければ落選です。

しかし、今回出品が余っているのに、落選者が出ているという、こちらからすればまさしく「矛盾」の状況が発生してしまっているのです。

リセール不成立に関する重複当選の考察とアンケート

Twitterを見ていると、チケット販売の説明文と合わせて、このような考察がされています。

同一公演日に購入者と同行者の入れ替えをして申し込んだ(同一公演日に行けるように保険をかける)人達が、リセール不成立になっているのではないだろうか?

このようなものです。

私はここでふと疑問が湧きました。

私の周りでこのように同一公演日に名義を入れ替えて応募している人達が4組ほどいましたが、全員重複せず、落選と当選で上手い具合に調整が取れているのです。

(一番取りやすいとされている札幌公演も)

そのため、イエパス先行で重複当選した方はいないと思い込んでいました。

そこで、Twitterでアンケートを取りました。

(正確に言うと記事執筆中は計測中のため、アンケートを取っています、です)

これはTwitterの観察通りなので納得です。

重複当選していないのに不成立になってしまったという方を複数確認しています。

それを受けてもうひとつ聞いてみました。

重複当選の人もリセールが成立しているようです!!

1票であれば、押し間違いかと思いますが、複数票入っているので、重複当選でもリセールが成立している人が存在すると見てよさそうです。



リセール不成立と落選が同居している原因を勝手に考える

1.システムの不具合

イエパス先行はローチケ(ローソンチケット)の電子チケットシステムを利用しています。

そのシステムにマッチングが上手くいかない不具合があったのかもしれません。

知らんけど!

2.安易なチケット申し込みと出品への見せしめ

システム上、重複当選のすべてを最初の抽選の段階で完全に排除できなかった、しなかった可能性があります。

Continuesの時のイエパス先行は

1アカウントにつき3公演、各2人まで

という応募制限がかされていました。

しかし、今回は全公演応募可能、各4人まで、と大分緩めの設定でした。

そのため、

「とりあえずたくさん応募して、いっぱい当選したらリセールに出せばいいや」

という方が続出した可能性があります。

「そういう保険をかけるような応募をせず、行ける公演だけ応募してくださいね」

という運営サイドの思惑による見せしめの可能性も捨てきれません。

2017年1月に開催されたYELLOW PACIFICでキャパ5,000のところ、転売対策で700ほど空席にしたと言われている厳しい運営ですから。

知らないけど!!

重複当選の人もリセール成立していますので他にも考えられる原因はありますが、書くのはやめておきます。

ひとついえるのは

「ライブはアーティストにとって仕事であり、商売である」

ということです。



3.購入希望者側に条件が付けられていた

さて、私の周りにも京セラドーム大阪公演にリセールに申し込んだものの落選したという購入希望者がおふたりいらっしゃいました。

よくよく考えてみると、このふたりには共通点がありました。

(おふたりともLINEのリセールで希望日を確保しています)

京セラリセール落選者2人の共通点
  1. イエパスで京セラドーム大阪公演の1公演当選していた
  2. もう一日も行きたいのでひたすら各種先行に応募していたが、注釈付の抽選含めすべて落選していた
  3. リセールも落選

私がイエパスの当落発表を観察していて気がついたことがひとつあります。

京セラドーム大阪、ナゴヤドーム、東京ドーム公演を2公演とも応募した方はいずれか1公演必ず落選している

これは私も当てはまっています。

(サイト特設先行でもう片方当選しました)

そのため、立てた仮説は以下の通りです。

4.落選とリセール両方同時に発生してしまった理由を分析

数字(例)を出してまとめてみます。

分析による考察
  • 購入申し込みが合計140枚(ひとり一枚まで)
  • 【前提】購入希望者が同一会場の別公演にイエパスで当選していた場合は必ず落選、落選が40枚
  • 出品が150枚
  • 前提に当てはまらない購入希望者が100枚
  • 出品150枚-前提に当てはまらない購入希望者が当選100枚リセール不成立50枚

これもあくまでも勝手な憶測かつ推測なので真相は不明です。



リセールが不成立なのに注釈付席が追加販売されたことについて

Live Tour 2017 Continuesの時の時系列と今回の時系列

Live Tour 2017 Continuesの時のチケット販売スケジュールはこのような感じでした。

  1. イエパス先行
  2. 公式サイト先行
  3. ローチケのプレリク、アミュモバ先行
  4. 注釈付(一部公演は対象外)
  5. 一般販売
  6. リセール
  7. 注釈付追加席(一部公演は対象外)

DOME TOUR 2019 POP VIRUSのチケット販売スケジュールはざっと以下の通りです。

  1. イエパス先行
  2. アルバム「POP VIRUS」特設サイト先行
  3. アルバム封入先行
  4. プレイガイド先行
    LEncore(エルアンコール)、ローチケのプレリク、アミュモバ、LINEチケット
  5. 一般販売
  6. 注釈付
  7. 各リセール受付開始
  8. 注釈付2次(ナゴヤドーム、札幌ドーム)
  9. 京セラリセール終了
  10. 京セラ注釈付追加

これを見ると、運営サイドがチケット販売に不安があったのかな、というのがうかがえます。

実情はわかりません。

最後の注釈付席の追加販売はあらかじめ決まっていたのでは

Continuesの時、一部の会場を除き公演直前の注釈付席の追加販売が行われました。

実際に会場のセッティングを行った結果、ぎりぎりで追加できた席です。

私はその席で見てきましたので、少なくとも私が行った公演はぎりぎりまで席を作ってくださったと実感しています。

そのため、今回もContinuesの時のように調整を行った場合の追加席の販売をする予定を組んでいたのだと思います。

ただ、その前にリセールの問題が起きてしまった、ということなんだと思います。



名古屋公演と札幌公演のリセール出品希望の方は覚悟が必要

2月1日(金曜日)時点で、ナゴヤドーム、札幌ドーム公演の注釈付二次先着受付はまだ終了していません。

席が十分に残っている状況です。

そのため、こちらの二公演のリセールは落選者なしで不成立が発生する可能性があると思います。

不成立の覚悟はしておいた方が良いと思います。

なんだかんだリセール不成立の真相は不明

こうやって情報を集め、素人ながらに分析しましたが真相は不明です。

ローチケに問い合わせれば教えてくれる可能性もありますが、サイトにあらかじめ

「必ずしもリセールが成立するわけではない」

と、書かれている時点で、不成立の覚悟はしなければならなかったんだと思います。

あくまでも推測、憶測です

3+
ABOUT ME
紺色
紺色
ただの星野源さんのファン。 2016年5~6月頃から。 一方通行に感想、情報、お役立ち等を発信中。 それ以上でも、それ以下でもありません。 くせはすごめ。