夜のボート

映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」主題歌に星野源さんの「夜のボート」が決定(8月22日追記)

2+

松尾スズキさんが監督、脚本、主演を務める映画「108~海馬五郎の復讐と冒険」の主題歌に星野源さんの楽曲「夜のボート」が決定。

この曲を聞く方法や栄華の公開日時等をまとめます。

「108」の読み方は「イチマルハチ」です。

【追記】

上映劇場を追記しました。

星野源さん主題歌担当映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」ストーリー

妻の浮気投稿についた108の「いいね」に怒り沸騰。

いいねの数だけ不貞を働き、試算の1000満を使い切る。

煩悩丸出し、苦悩と笑いの夫婦生活総決算。

公式サイト

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」公開日と主な劇場

2019年10月25日(金曜日)

TOHOシネマズ日比谷ほか、全国ロードショー

【追記】

上映劇場(108公式サイト)が判明しました。

さすがに北海道・東北で上映しないことは考えにくいので、今後増えると予想します。

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」監督と脚本

松尾スズキさん

「大人計画」主宰

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」主な出演者

松尾スズキ

中山美穂

大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCo、福本清三、乾直樹、宍戸美和公、塚田真由、村杉蝉之介、オクイシュージ、岩井英人、酒井若菜、坂井真紀、秋山美津子



「108~海馬五郎の復讐と冒険~」主題歌は星野源さん「夜のボート」

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」の主題歌は

星野源「夜のボート」

です。

「夜のボート」は「女教師は二度抱かれた」劇中歌で未発売の曲

「夜のボート」は2008年、松尾スズキさん作、演出の舞台「女教師は二度抱かれた」の劇中歌です。

星野さんはこの作品に出演し、更に劇中音楽をすべて制作しました。

「夜のボート」は共演の市川実日子さんと一緒に歌唱した曲です。

放送予定はないものの、WOWOWに作品のページが残っています。

主題歌のきっかけ

「夜のボート」が主題歌になったきっかけは松尾スズキさんからのオファーです。

私は「女教師は二度抱かれた」を見たことがないので、どんな曲なのかわかりませんが、11年前の曲をしっかりと覚えていて、それをオファーする辺り、松尾さんさすが、と私も思ってしまいます。

星野源さんのコメントは映画公式サイトをご覧ください。

「夜のボート」ってどんな曲?

星野源さんのコメントに「哀しい歌」と書かれています。

星野源さんのソロデビューは2010年で、舞台は2008年。

勝手な予想を立てると、2010年の頃の楽曲の雰囲気なのかな、と。

作詞は松尾スズキさん。

「夜のボート」は新録

今回主題歌を担当するに辺り、「夜のボート」は新たにレコーディングされました。

2008年の曲、歌詞を今の星野源さんがどのように歌い、アレンジしたのか、大変興味深いです。



星野源「夜のボート」の発売は?

リリース予定なし

「夜のボート」はリリース予定がありません。

発売されない、ということです。

つまり、現在考えられるこの曲をフルサイズで聞く方法はたったひとつ。

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」を劇場に見に行く

これだけです。

この曲は「女教師は二度抱かれた」の劇中歌として作られ、そこで共演者の市川実日子さんと歌っています。

そのため、権利関係が色々と難しく、発売するのが難しいのかな?と予想します。

そしてまた、ひとつ人によっては超えられないハードルがあります。

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」はR18

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」はR18指定作品のようです。

公式サイトには書かれていないようですが、主題歌決定のニュースにいくつかR18という文字が見受けられました。

R18は年齢制限のことで「18歳未満の入場や鑑賞の禁止」を意味します。

つまり、18歳未満の方がこの映画を見る術はなく、曲を聞くこともできません。

また、R18は地上波でのテレビ放送も困難なので、18歳以上の楽曲を聴きたい方は劇場に足を運ぶべしです!

曲を聞くために見に行ったら大やけどの可能性があります。

(星野源さんご本人談)

「星野源のオールナイトニッポン」でかかるのを待ちましょう。

2+
ABOUT ME
紺色
紺色
ただの星野源さんのファン。 2016年5~6月頃から。 一方通行に感想、情報、お役立ち等を発信中。 それ以上でも、それ以下でもありません。 くせはすごめ。